スタッフブログ

遺品整理 京都TOPページ > スタッフブログ > スタッフブログの記事一覧

京都遺品整理センター事務所を京都市 西京区 桂に移転しました

京都遺品整理センターの事務所(および倉庫)を京都市北区原谷から京都市西京区桂に移転いたしました。

 

報告が遅くなりましたが昨年(2018年)の7月から西京区桂事務所で営業しています。

引越し残務や今後のビジネス展開のための活動に加え大きな仕事が重なったりで忙しかったためなかなか手を付けられないでいました。

2018年の引越し回収のシーズンも終わりましたので、ようやく少し時間を取ることができました。言い訳ですね。言い訳をして心が落ち着くこともありますのでご容赦願います。

 

 

移転の理由は、

 

1つには、事務所及び倉庫が手狭になったのと、それぞれが別々の場所にあったため物や人の余計な移動が発生し不便だったので事務所と倉庫を一箇所に集約し移動のストレスをなくしたかったためです。倉庫については開業当初は1箇所で間に合っていたのですが、遺品整理のご依頼が増えるのに合わせて増えて行き、最後は4箇所の倉庫を使用していました。また倉庫とは別に同じ北区原谷でマンションの一室を借りて事務所にしていましたが、それらの全てを一箇所にまとめて効率よく仕事をしたいという思いが大きくなっていました。

 

2つ目は、以前は北区の原谷というところで京都市内ではあったのですが、市内でもかなり北のほうに位置し、幹線道路から少し離れた地域でもあったため遺品整理や不用品回収の現場によっては移動距離が遠くなり余計な時間が掛かる場合が多いのも悩みでした。

 

 

昨年の春先、3月の引越し回収の繁忙期が収まって一息ついた頃からいろいろな不動産業者様にお声がけをさせていただいて新しい事務所を探し始めました。

なるべく京都のどのエリアへ行くにも遠くならない地域で、当時借りていた全ての倉庫と事務所を足したよりも広い場所という条件で探していただきましたが、そうなるとどうしても市内の中心地近くになり賃料も上がりますし、駐車場が無かったりただの倉庫で事務所部分が無いとか便所が付いていないなど、そうそう都合のよい物件は見つかるはずもなく、要件をかなり妥協するしかないのではないかという思いに陥っていました。

 

また、当社の希望エリアではそもそも事務所付倉庫という物件の数そのものが少なく、複数の不動産業者様にお願いして物件紹介していただいたのですが、しばらく探していると別の業者様からも同じ物件を紹介される重複率がかなり高くなってきたため、しばらくすると選択肢すら無くなってきていました・・・

 

 

 

これからも「京都遺品整理センター」をご愛顧の程、どうぞ宜しくお願い致します。

====================================
京都遺品整理センター
〒615-8301 京都市西京区桂徳大寺北町44
TEL:0120-98-3636
TEL:080-6160-7997
eMail: info@kyoto-huyouhinkaisyuu.com
====================================

遺品整理のお問合せ・ご依頼ありがとうございます

もう5月に入り10日も経ちました(汗) 毎度のことながら月日が経つのが早く感じる今日この頃です。

 

3月は昨年以上に非常に忙しく、多くのお問合せ、ご依頼を頂きました。基本的に大抵の企業は年度末ということもありますが不用品回収や引越の回収であるこの業界は特に繁忙期にあたります。

 

 引越シーズンであることは勿論ですが、京都市は非常に学生さんが多いのでダブルでご依頼が多くなる時期です。3月末ともなると、すでに予約は満杯状態の中お急ぎのお客様からのお問合せが多く猫の手も借りたくなるほどでした(笑)

 

 今年は人出も増やし、培ってきたノウハウもありましてほとんどのご依頼を承ることができました。この場をお借りしてスタッフ一同御礼申し上げます。

 

 4月に入ると不用品などの回収のお問合せは潮の引くように通常に戻りましたが、有難いことに遺品整理のお問合せ、ご依頼が年ごとに増えてきており今月もすでに多くのご依頼を頂いております。

 

 遺品整理だけでなく、引越のため家ごと残った不用品の処分など大きな案件もありますが毎年5月や6月はそのような一日がかりのご依頼が多いように思います。(多分ですが)世間も3月、4月は忙しくしており一息つかれた5月、6月頃に整理や片づけを考えられる方が多いのではと感じます。

 

 お陰さまで当社は創業12年になりますが、右肩上がりでお問い合わせやご依頼を多くお受けできるようになりました。勿論、厳しい時期もありましたがなんとか持ちこたえて現在少しは安定した状況です。

 

 当時を振り返ると「遺品整理専門」のホームページを京都では1、2位を争う早さで立ち上げたことが幸運でした。HP作成会社さんの後押しもあり、素敵なHPを創って頂いたことを思い出します。

 

 そういう時流や幸運、スタッフにも恵まれ遺品整理の検索順位はここ数年間一位を守り続けてこられ、多くのお客様にHPをご覧頂ける機会に恵まれる環境を築くことができており、努力や工夫は当然のこと「幸運」の大切さを感じます。

 

 ただ、この業界も世間と同じく栄枯盛衰も激しく10年以上続いている業者は稀のようです。 足るを知り、真面目に、誠実に一歩づつの積み重ねが信頼に繋がり、どの業界にしろそういう企業が栄えていくものだと実感しまたそうである世の中に貢献できる会社でありたいと思います。

 

 「聖人君子」の様な訳にはいかなく(笑)、欲もかき、失敗をし、時に感情的になるのが人間ですがそれもまた「人間臭さ」というか、あまり完璧すぎると息苦しいものですが(笑)、それも程度の問題で、やはり人は人間性が大切で会社は人材が命だと思います。

 

 今後も根本は変わらずに、より良く発展し「お客様満足」と地域や社会に貢献していける企業であるようスタッフ一同努力して参ります。

 

 今後とも末永く「京都遺品整理センター」をご愛顧の程、どうぞ宜しくお願い致します。

 

====================================
京都遺品整理センター
奥村 正
603-8487京都市北区大北山原谷乾町63-7
TEL:0120-98-3636
TEL:080-6160-7997
eMail: info@kyoto-huyouhinkaisyuu.com
====================================
 

 

 

 

新年も過ぎあっという間に2月・・・

月日の流れるのは本当に早いものです。年が明けてもう2月・・・。  

「光陰矢の如し」と言いますので悔いのない人生を楽しんで歩むためにも仕事・家庭・友人など大切に時間を使っていきたいものです。

 

 遺品整理(不用品回収)のご依頼のほうは昨年12月から今月の1月と例年にないくらい忙しく、お問合せのお電話も

大変に多く頂いております。実は当社も増えている理由をハッキリとリサーチできてないのですが・・・4点ほどの可能性が

ありそうです。

 

 SEO(キーワードの検索順位)の向上、インターネット広告の閲覧回数など質の向上、ホームページの特にスマートフォン

での見やすさのアップ、創業12年間の信用、等などが相乗的に上乗せされ全体のお問合せやご依頼に繋がっているようです。

 

 1月など例年は少し暇なぐらいでしたが、本年は12月とほぼ変わりないくらいのお問合せ・ご依頼を頂けました。

あきらかに全体的に増加傾向にあるようです。小さい会社ですが、これも堅実に一歩ずつ成長し地域に密着した営業を

12年間変わらずに歩めたお陰でお客様の信用も少しずつ増えてきたのではと、考えております。

 

 また、スタッフも日々向上してくれており、提携業者さまの日々のご協力の賜物と考えています。

スタッフのスキルの向上と提携業者さまとの連携がうまくいくことで、コストダウンにも繋がり

お客様に喜んで頂けるサービスの向上と料金面でもご満足いただけるものであり、その両輪を

12年間の月日の中で着実に発展できてきたことに自分事ながら、嬉しいものです。

 

 ただ、何よりも今日まで「京都遺品整理センター」を支えて下さるお客様あってのことであり、改めて

心より御礼申し上げます。

 

 非常に寒い日が続いています。特に京都は底冷え致しますのでどうぞご健康にはくれぐれも

お気をつけ下さいませ。

 

 また、ニュースでも良く取り上げられておりますが冬は湿度が下がり火事になりやすいので暖房器具を使用する

際など油断を排して、健康で充実した日々を本年も皆様と共に過ごせたらと願っております。

 

 情報が溢れ世の中の変化は加速度的に増し、ある意味で世界は狭まる一方でありながら、隣近所とは

挨拶すらないようなケースも増え、核家族化もともない人との繋がりが薄れている現代社会は多くの問題を抱えています。

 

 政治の話しは差し控えますが、「分断ではなく団結へ」の方向に進んで欲しいものです。

 

現実に孤独死などの現場に合うたびに、言葉にできない寂しさや社会全体の問題でもあると常々感じます。

当社にできることは、お客様の身体的なご負担を軽減するお手伝いしかできません。

 

 遺品整理全般に云えますが、信頼と安心を、「お客様満足」を今後もご提供し続けることで、当社も発展・向上し

微力ですが地域や社会のお役に立てるような企業を目指し、スタッフ一同頑張ってまいります。

 

 (もう2月ですが…汗)本年もどうぞ 「京都遺品整理センター」 を変わらぬご愛顧のほどどうぞ宜しくお願い致します。

 

遺品整理士・遺品査定士:オクムラ     

 
=============================
【不用品回収・近畿】京都遺品整理センター
〒603-8487 京都市北区大北山原谷乾町63-7
代表:奥村 正
TEL:0120-98-4224
Email:info@kyoto-ihinseiri.com
=============================
 

 

新年の挨拶

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

「京都遺品整理センター」は昨年も多くのご依頼を頂け、無事に新年を迎える事ができました。この場をお借りし感謝申し上げます。

 

 昨年も京都を中心とし一昨年を上回るご依頼・売上を達成することができました。ほんの少しずつですが右肩上がりの成長をとげることができ、お客様・スタッフ・協力会社様に感謝しております。 

 

 ところで、京都市では競合会社が年々増えつづけ、日本で一番厳しいと言われている京都の規制・法令の中で法令順守の元、企業努力は当然ですがこうしてなんとか、京都を拠点に11年目を迎える事ができました。

 

 今後も「お客様満足」「社会への貢献」を会社理念として、更なるサービスの向上を目指し安心してご依頼頂ける企業であり続けてまいります。

 

話しは変わりますが、京都は学生が多く3月に向けて忙しい時期へ入っていきます。昨年は依頼に追いつけずかなりのお客さまのご依頼を受ける事ができず、ご迷惑をおかけしました。また、企業としてもニーズがあるのに仕事を断らざる得ないのは正直勿体ない事でした(笑)

 

 そのことをふまえ、本年までに協力会社を増やし、より効率的な(良い意味で)遺品の整理・処分をできるよう、スタッフのスキルアップや作業内容の効率化を推進してきました。他にはトラックを増やし その効果もあらわれ作業時間の短縮、利益率の向上に少しずつ繋がってきてます。

 

 本年は昨年のような「依頼に追いつけない」状況をかなり改善できるのではないかと手ごたえを感じております。

 

今後とも京都密着の企業として成長し、進化を目指し続けて参ります。どうぞ本年も変わらぬご愛顧を、

スタッフ一同心よりお願い申し上げ、新年の挨拶とさせていただきます。

 

京都遺品整理センター 0120-98-4224

遺品整理士・遺品査定士:代表 奥村

11・12月度 遺品整理 キャンペーンのお知らせ(京都市内限定)

いつも多くのご依頼を頂き誠にありがとうございます。

 今回お客様への感謝の気持ちを込めて…

 

京都市内限定にて11・12月に遺品整理をご依頼し12月末までに、ご依頼→遺品整理完了していだだけた

お客様には【10%割引】※「他のクーポン等併用不可」 にて遺品整理を承ります。

 

 詳しくは「お見積り」の際、担当にホームページをみた。とお伝えください。上記条件に該当する

お客様には「10%割引」を適用とさせて頂きます。

 

 ささやかですが、少しお得なこの機会に是非「京都遺品整理センター」にお問い合わせくださいませ。

遺品整理をご検討のお客様、スタッフ一同お電話お待ちしております。

 

 

遺品整理士・遺品査定士:奥村

熱中症

熱中症…私も今年40歳になりますが、暑い夏の肉体労働は非常に堪えるようになりました><  

若い時分にはクラブで真夏の炎天下の中、水も飲めず4時間も5時間も毎日のように練習しても

大丈夫だったことを思い出し、本当に若さとは凄い体力ですね。

 

 新聞などでも毎日熱中症での搬送数など取り上げられており亡くなられている方も多いようです。やはり特に

高齢の方は体力が低下しており死亡率も高いようです。暑い日はできるだけ外出はさけ、家にいる時もエアコンをかけて

水分を補給するのが良いそうです。 

 

 肉体労働をしている友人も本当に身体が偉いと歳と暑さを感じ、疲れ果てています。 私も一応肉体労働も

仕事内容にありますので重い荷物を持って運ぶのはかなりきつくなっています。頭がボーとしてきて倒れそうに

なりそうになる時もあり気をつけねばと感じます。また、仕事が終わってからも身体がしんどくて遊びは当然、好きな

銭湯さえも行く気にならず家でクーラーを浴びながら横になっていることが多いこの頃です。

 

 とにかく、特に温度より湿度が堪えるように感じます。京都は特に盆地であるため湿度が高い日が多いので

余計に堪える気がしますが・・・。

 

 私もスタッフも健康第一で8月を乗り切ってまいりますので、皆様もどうかお身体を大切にしてこの夏を乗り切って下さいませ。

ちなみに私の熱中症対策は

①適度な休憩をとること

②まめな水分補給(スポーツドリンクが望ましい)

③しっかりと休息をとること・・・etc.

 

 では8月度も「京都遺品整理センター」を宜しくお願い申し上げます。

 

遺品整理士・遺品査定士:おくむら

京都遺品整理センター

「京都遺品整理センター」をご愛顧頂き誠にありがとうございます。 当社は来年で創業10年を迎えさせていただきます。ひとへにお客様にご愛顧頂き続けたたまもとであるとスタッフ一同心より感謝しております。

 また、法律順守の元、廃棄物回収・ハウスクリーニング・リサイクルショップ・市場・不動産・等の携業者様のご協力によるものであり誠にありがとうございます。

 年々、遺品整理・不用品回収の競争は京都においても激化しており、その中で10年という佳節を迎えられたことは少なからず自信となっておりますが、違法業者を含め正規の値段では不可能な値段で回収・遺品整理を行う回収業者も増加傾向にあり、企業努力の枠では追いつけないという厳しい現実があります。

 今後も予断を許さない状況下でありますが、創意工夫・企業努力の元、信頼・安心・ニーズにこたえる・・等は当然のこと価格においても合法の中でなんとかお客様に満足いただけるよう明年も前進・躍進してまいりますので、今後とも「京都遺品整理センター」をご愛顧くださいますようよろしくお願い申し上げます。

 

「京都 遺品整理」 0120-98-4224    遺品整理士・遺品査定士・古物商許可・危険物丙種:奥村

 

【京都市】 
右京区・左京区・下京区・上京区・北区・中京区・山科区・東山区・伏見区・南区・西京区 
 

8月度 遺品整理(京都限定) ご成約キャンペーン

HPをご覧頂きまして誠にありがとうございます。 遺品整理士・遺品査定士の奥村です。では・・・少し、お得な情報を。

 

8月度に遺品整理をご成約頂いたお客様(京都限定)は、8%割引(消費税分)とさせていただきます。詳細は見積り時に「HPのブログ見た!!」と言って頂けましたら8%OFFとさせていただきます。

 

 この機会にどうぞ、宜しくお願い致します。 注)他のキャンペーン(割引) の併用はできません。

 

また、当社は遺品の高価買取にも力を入れておりますので、合わせて宜しくお願い致します。

 

京都市で遺品整理をお探しのお客様は遺品整理士のいる信頼と実績のある「不用品回収・近畿」京都遺品整理センターへどうぞご依頼下さいませ。

 

 お問合わせ・またご相談等スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

また、京都で不用品回収・ごみ回収・廃品回収も京都の「不用品回収・近畿」にご依頼下さいませ。

 

http://www.kyoto-huyouhinkaisyuu.com/ (不用品回収・近畿のHP)

 

京都 遺品整理  「京都遺品整理センター」 0120-98-3636(075-756-6741)  遺品整理士・遺品査定士:奥村

メディアや企業に思うことから

最近のニュースでもエアコンをつけず(暑い夏に)熱中症などで全国で何人かの方が亡くなっているそうです。そのため、現在はCMでも節電の呼び掛けはしなくなったそうですが。

 

 また、良く「うつ病は風邪のようなもの・・・」と耳にしますがあれは完全な間違いです。製薬会社などが宣伝のためCMなどでながしたため、メディアでも良くそう言う方が増え一般に広く信じられるようになりました。実際にはそんな生易しい病気ではなく、間違った認識のため苦しむ心の病の方が増えたのです。

 風評被害も同じ道理です。メディアや企業の責任は非常に重いと言わざるえません。上記の事実は、氷山の一角でありメディア(情報)に多くの影響を受け潜在的に(正確であれ嘘であれ)かつ受動的に受け入れてしまっている・・・その悪い例が上記です。

 インターネットの普及などメディアの過剰な情報にもはや現実よりも非日常にある情報量が圧倒的であるために人は正確な判断を失いつつあるように思います。正確な判断を行うにもそのプロセスとして正確な認識が不可欠ですが、圧倒的な情報に対して正確に認識することは極めて困難になっているのでしょう。

 企業や政府(政治)にその大きな責任があるのは議論の余地はありません。また、宣伝にしろ、広告にしろ、週刊誌やスポーツ新聞の記事、インターネット、TV、あるいは新聞までもが、利益、利権、保身などにより、情報という巨大な力を使い情報操作してきた(悪意がないにしろそこに責任は伴う)ことには上に同じく大きな責任があるのも論をまたないところでしょう。

 結局は一人一人が情報を鵜呑みにせずに正しいのか正しくないのかを認識していく以外に対処の方法がないのが現実です。正しき認識をもつにはその根拠となる思考の正しき軸が必要となります。倫理観、道徳観、そして事象を正く認識・判断していく思考プロセスにおいて、常に客観性・主体性・能動性・(科学的な意味での)懐疑的又は論理的な思考をもつために今こそ「哲学」が重要になるでしょう。

 

 裁判において一番大切なことは冤罪をださないこと、99人を助けるために1人の犠牲をやむえないとする考え。

上2例は対極に位置する論理にもとずいています。

 マイノリティ(個を元とする時)であるときそこには顔があり、マジョリティ(全体として見た時)であるとき個性はなくなります。

個の集まりが地域、社会、国であり、個の存在なくしてマジョリティはあり得ないのです。

 論理的思考のプロセスは(少なくともある程度の)正しき認識に帰結します。 ロダンの「考える人」は私には哲学の重要性を訴えているようにも思えます。

 

 善とは悪とは、正邪とは? 幸福とは何なのか。 哲学の存在意義はまさにこの問いに応えることのできる唯一の答えでしょう。

科学・政治・経済であれ人類に有益であるためには、正しき哲学の土台が不可欠になります。全ての事象には善と悪や光と闇が存在するのですから。

 どちらを選択するかが、人間の権利であり義務であり責任なのです。

 

最後に・・・ある偉大な地理学者が質問しました。 「悪を為すのと善を行わないのは同じか否か」と・・・。答えは同じです。私も最初は何故その答えになるのか解りませんでしたが、論理的プロセスをふんだときその答えの意味が理解できました。

 

「考える人」・・・良く考えると不思議な言葉です。何故なら人は考えるものなのですから。

 

 

 

遺品査定士とは

最近「遺品査定士」の資格に合格しました^^  さて遺品査定士とはどのような資格かを簡単に説明致します。

 まず、民間資格ですのでなくても遺品の買取に問題はありません。もちろん古物商の資格がなければそもそも買取は出来ませんので

遺品整理の際の買取だろうが、遺品査定士の資格はなくても古物商の資格が必要です。

 要は「遺品査定士」の資格はあくまで遺品の査定時におけるある程度のスキルを持ち合わせているという証明のようなものです。ですので、なくても詳しい人は幾らでもいますが、HPなどから遺品整理の見積を依頼する際の安心材料や一つの目安にはなると思います。

 勉強の内容は遺品整理時の買取における法律的なことや(特に遺品整理に限らないですが)買取時のマナーから価格の相場、遺品査定士としてのモラル(人として重要ですが)、現場での査定のしかた、価格の出し方とうとう多岐に及んでまして結構内容はあつく、勉強になりましたので、遺品整理に限らず不用品などの見積を依頼される時は、遺品整理士の資格と同時に遺品査定士の資格を持っている業者さんに頼まれる方をお勧め致します。

 当社も遺品整理士・遺品査定士ともに資格を持ってますので(奥村)、是非、遺品整理の見積をお探しなら「京都遺品整理センター」にお電話くださいませ。

スタッフ一同お電話お待ちしております!!

 

京都・大阪で遺品整理業者をお探しなら京都遺品整理センターへ  【京都 京都市 ごみ ゴミ 回収 不用品 不要品 廃品 遺品整理】

遺品整理士・遺品査定士:オクムラ

カテゴリ

アーカイブ

当社をご利用いただいた お客様の声

お客様インタビュー

京都・大阪・滋賀 お急ぎの方は即日対応可能!無料訪問見積り

遺品整理サービス

家中まるごと回収サービスのご案内

その他サービス 不要品回収・粗大ごみ回収など

STAFF BLOG スタッフブログ

スタッフ紹介

遺品整理優良事業所

遺品整理士認定証明書

遺品査定士 認定証

遺品整理士認定協会

「遺品整理士認定協会」優良企業欄に当社は掲載されております。
詳しくは上記バナーよりご覧くださいませ!!

安心の請負業者賠償責任保険

遺品整理作業中、万が一の場合でも請負業者賠償責任保険に加入しておりますので安心です。

情報管理は徹底しています。

回収された不用品は、当日中に素材ごとに分別・処理され、ご利用いただいたお客様の個人情報が残る事はございません。

環境への配慮

ページの先頭へ